驚いたGoogle広告で1万円使ってみた末路

Googleさんからメールで

キャンペーンコードが送られてきた。

どうせなら、何か広告を出そう!

と前々から感じていたので、

掲載してみることにした。

何かを販売するページ(LP)に対して

広告を打ちたかったわけではないので、

持っているサイトのうちの

1つを宣伝してみることにした。

表示回数は2万8千5百それでも思惑は外れる

まあ、そんぐらい表示されたのであれば

あまちゃんなので、

3%ぐらいはクリックするだろうと感じていた。

3%だったら、855クリックだ。

だが、俺の思惑は裏切られた。

実際は、40クリックしかされなかったのである。

これは、反応率で考えると0.15%未満ということになる。

これは、やばい。

かつてこんなにも反応されないコピーを

書いた人間がいるだろうか?

異常な体験ができた。

諦めてインターネットビジネスから逃亡したいと考えた

こんなにやばい結果なら、

向いてないから諦めようかな。

って、感じた。

ちなみに、平均クリック単価は202円だ。

高い!(笑

平均クリック単価も高いし、

2万8千5百回表示されたのに、

40クリックしかされない。

もう、ダメだ。

俺のビジネスは終わったと

本当に諦めていたら俺は

終わっていたと思う。

メンターの言葉で

【全てはテスト】である。

という素晴らしい言葉がある。

この言葉のおかげで、

何度も救われた。

もし、この言葉を知らなかったら

挫折していただろう。

あなたも第二の被害者にならないために

俺は、Googleさんに

広告をバンバン出してるから

関係ないね。

そんな人は居ないと感じている。

そもそも、そんな人はこのブログを

読まないはずだ。

インターネットビジネスを

したいけどさっぱりわからないという

あなたが見るために作っている。

結論から言うと反応率の高い

ライバルの広告文をパクることで

あなたは成功できる。

Google検索で

自分の販売したいもの紹介したいものを

検索してTOPに表示される広告を見る。

これを最低3日から最長2週間まで

追いかけて、常にTOPに君臨している広告を

真似るのだ。

俺の場合は、

クリック単価50円越えの驚愕の

200円なのでTOPに君臨している奴は

その費用を収益が上回っていることになる。

そう、利益を得ている奴がいるのだ。

あなたも、持たざる者から奪うのではなく、

持っている者から奪って

寝首をかいてやろう!

え?そんなことができるの?

働きながら働かずに本業と同じだけ稼ぐには?

僕は、20代の中小企業でフルタイムで働いてるサラリーマン。

大企業のように多額のボーナスは、もらえないし

同僚は、次々と転職している。

毎日、転職サイトを眺めては応募する気にもならない。休みの日に銀行口座の残高を眺めてはお金よ増えろって念じてる。

やる気が起きない

毎日、毎日同じことの繰り返し

朝起きて、満員電車に揺られてうるさい上司もいるけど会社に出勤しなければならない。

婚活しようと思っても、月収20万円程度では結婚も出来そうにない。

出来れば、人に会わないで自宅で出来る副業があって、今の本業と同じぐらいの

同じぐらいの金額が欲しいなぁ。

このような状態であれば、ご相談ください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事