宗教とコピーライター

聖書は、かなり分厚い本。

発行部数は、世界で

年間約2億5400万冊。

これほど、売れた本がかつてあるだろうか?

無い。と断言しても良い。

では、なぜそこまで魅力的なのか?

それは、人々は常に

ストーリーを求めているから。

ドラマもそうだし、神話や

日本昔話などは、

難しい文章ではなく物語になっている。

あなたが何かを伝えるとき、

物語風に語ると人は

話を聞いてしまう。

300万部売れれば、ベストセラーと

言われているのに聖書には

勝てない理由はそこにある。

宗教は、壮大な物語になっている。

また、影響力も半端では無い。

セールスを物語化する

YouTubeで動画投稿している‪

YouTuber‬を見ていても、

全てが物語になっている。

と言う事はつまり、物語にすれば

あなたは大衆を操る事も可能。

そして、ほとんどの宗教は

パクリが多い。

なぜならば、最初に作成されたコンテンツを

パクって作成しているから。

よく、似たような物語だなぁと

感じた事はないだろうか?

実は詐欺にも使われている

オレオレ詐欺になぜ老人が

引っかかるかというと

物語になっているからだ。

子供から電話がかかってきて、

事故を起こしたという物語から

スタートする。

物語で進めていくと人は

考えることをやめてしまう。

興味深い物語であれば、

最後まで聞いてしまう。

あれだけ、TVで放送されても

詐欺の被害が大きいのはそこにある。

もし、あなたが優れたコピーを書きたいなら…

例えば、あなたの書いた文章で

家賃を値切ることも可能になる。

また、政治家に向けて

意見書を送った際に

その通りに意見が通る。

そして、ラブレターを

書いたときには

確実に相手に好きに

なってもらうことも可能。

今であれば、LINEでやり取りしても

意中の相手を振り向かせることもできる。

Twitterでも140文字で

人を動かせるようになる。

コピーライターは、なんか

堅苦しい文章書いてる人達ではない、

あなたの心を動かす文章を

書いている人こそがコピーライター。

あなたも人を操り

思い通りに動かす

コピーライターの技術を学ぶべきだ。

え?そんなことができるの?

働きながら働かずに本業と同じだけ稼ぐには?

僕は、20代の中小企業でフルタイムで働いてるサラリーマン。

大企業のように多額のボーナスは、もらえないし

同僚は、次々と転職している。

毎日、転職サイトを眺めては応募する気にもならない。休みの日に銀行口座の残高を眺めてはお金よ増えろって念じてる。

やる気が起きない

毎日、毎日同じことの繰り返し

朝起きて、満員電車に揺られてうるさい上司もいるけど会社に出勤しなければならない。

婚活しようと思っても、月収20万円程度では結婚も出来そうにない。

出来れば、人に会わないで自宅で出来る副業があって、今の本業と同じぐらいの

同じぐらいの金額が欲しいなぁ。

このような状態であれば、ご相談ください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事