成約率が3倍になるタイトル(キャッチコピー)の決め方とは?

タイトルが決められなくて、文章が書けない…

と悩んだことはありますか?

ビジネスのメールだと【●●の件】や

【●●について】や

【定例会議のお知らせ】などタイトルは、

あらかじめ決められていたりしますよね。

ただ…何かブログに記事を書く、

広告を作る時などにタイトルをどうすれば

良いのか悩んで結局書けなかったり

無難なタイトルにしてしまいがちです。

どういったタイトルが鉄板になっているのか

知っているだけで、

あなたの文章が読まれる確率が高まります。

では、少し見ていきましょう。

鉄板のキャッチコピー

「●●」を手に入れて、「〇〇」になる方法

これが、もっとも多くのメールのタイトルや

情報商材のタイトルで使用されています。

「●●」の部分も、「〇〇」の部分にも

読む人が感じる価値が入っています。

カタカナで難しく言うなら、ベネフィットです。

タイトルが決められない

タイトルを決めないと

文章が書けない場合があります。

そして、文章が書けないと情報ビジネスで

成功するための道が1つ減ります。

タイトルを変更すると読まれる

タイトルを少し変更しただけで、

中の文章を変更していなくても

読まれるのです。

これは、マーケティングの

天才ジェイ・エイブラハムさんが

膨大な数のテストをした結果、

判明した事実なのです。

ある、金の販売をする事業を

行う会社が、広告文を出していて

それなりに成果はあったそうです。

ただ、その広告のタイトルは

【金銀の購入3分の2は融資可能】

お客さんが感じる価値は広告の

タイトルには盛り込まれていませんでした。

それを、ジェイ・エイブラハムさんは

【今28gの金を3万円で買えるとしましょう

それを我々は、28gを1万円であなたに

いくらでも売ってあげます】

このように変更し、テストしました。

すると、

成約率が3倍

になったのです。

6つの具体的な使用方法の例

例1

お金を儲けて有名人になる方法

例2

記憶力を上げて昇進する方法

例3

税金を減らしてお金を貯める方法

例4

体重を減らしてお肌をきれいにする方法

例5

英語を身につけて、外国人と付き合う方法

例6

習慣を変えて人生を思い通りにコントロールする方法

読んでしまうのはこういったタイトル

もしかしたら、例にあげたタイトルだと

あなたも読んでしまうのではないでしょうか?

その先に何が書かれているのかが

気になりますよね。

読んでもらえなければ意味が無い

タイトルで反応してもらえないと

その後の文章がいくら優れた内容でも

読んでもらうことができないのです。

文章の中身が大切だと思っていた時期もありました

私も文章の中のクォリティが

大事だと思っていた時期もありました。

ただ、ジェイ・エイブラハムさんが行った

タイトルを変えるだけで

成約率が3倍になった事実があるため

文章そのものよりもタイトルが重要だと

今は思っています。

最後まで読んでもらえるか?

結果的に最後まで読んでもらえるかも重要に

なってきますが、ブログであれば記事を

クリックしてもらわないと意味がないです。

やはり、最初の与える印象によって

自分の時間を使っても良いかが判断される

と感じています。

何か具体的に聞きたい質問や

不安がありましたら 

ご連絡ください。 

匿名希望でもちろん大丈夫です。 

名前を伏せて公開させていただく可能性も

ありますが親身に

お答えさせていただきます。

連絡先→copy.writing888@gmail.com

え?そんなことができるの?

働きながら働かずに本業と同じだけ稼ぐには?

僕は、20代の中小企業でフルタイムで働いてるサラリーマン。

大企業のように多額のボーナスは、もらえないし

同僚は、次々と転職している。

毎日、転職サイトを眺めては応募する気にもならない。休みの日に銀行口座の残高を眺めてはお金よ増えろって念じてる。

やる気が起きない

毎日、毎日同じことの繰り返し

朝起きて、満員電車に揺られてうるさい上司もいるけど会社に出勤しなければならない。

婚活しようと思っても、月収20万円程度では結婚も出来そうにない。

出来れば、人に会わないで自宅で出来る副業があって、今の本業と同じぐらいの

同じぐらいの金額が欲しいなぁ。

このような状態であれば、ご相談ください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事